Unity事例ノート

UNITY

マウスカーソルについていくオブジェクト

マウスカーソルに、オブジェクトが追従するしくみを作ってみましょう。

マウスの動きに合わせて、Cubeオブジェクトも動きます。

この動きでは、マウス位置をスクリーン座標から、ワールド座標へ変換しなければなりません。

関連記事:
【Unity C#】マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
【Unity C#】マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
【Unity C#】マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
【Unity C#】マウスカーソルに追従して左右に移動
【Unity C#】クリックした空間にオブジェクトを置く
【Unity C#】マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
【Unity C#】取ったオブジェクトを前で持ち続ける

スクリーン座標をワールド座標へ変換

Cubeを新規作成します。

CubeMove.csを作成して、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

カーソルの位置に合わせて、Cubeオブジェクトも動いています。

ScreenToWorldPointを使って、マウス位置をスクリーン座標からワールド座標へ変換しています。

マウス位置を検出しただけでは、奥行き(Z)は取得できないため、Zには10を入れています。

関連記事:
【Unity C#】マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
【Unity C#】マウスカーソルを追従しながらクリックで叩く
【Unity C#】マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
【Unity C#】マウスカーソルに追従して左右に移動
【Unity C#】クリックした空間にオブジェクトを置く
【Unity C#】マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
【Unity C#】取ったオブジェクトを前で持ち続ける