Unity事例ノート

UNITY

マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下

マウスカーソルに追従するオブジェクトを、クリックひとつで落下させてみましょう。

マウスを操作すると、動きに合わせてCubeが移動。

左クリックすれば移動をやめて、床に落下します。

関連記事:
クリックした空間にオブジェクトを置く
マウスカーソルについていくオブジェクト
オブジェクトをクリックすれば落下する
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
マウスカーソルに追従して左右に移動
指定の座標まで落下すればPrefabを削除





ScreenToWorldPointを解除

平面とCubeを作成します。

Cubeを地上に出し、リジッドボディを追加します。

ゲームビューではこのよう見えています。

CubeDrop.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイしてみましょう。

isDropのフラグがtrueの間は、Cubeがマウスについて移動します。

クリックのタイミングで、isDropのフラグはfalseに切り替わり、ScreenToWorldPointが無効に。

マウスに追従しなくなったCubeは、重力に従って落下します。

関連記事:
クリックした空間にオブジェクトを置く
マウスカーソルについていくオブジェクト
オブジェクトをクリックすれば落下する
マウスカーソルについていくオブジェクト
マウスカーソルを追いかけるオブジェクト
マウスをドラッグしてオブジェクトを動かす
マウスカーソルに追従して左右に移動
指定の座標まで落下すればPrefabを削除