Unity事例ノート

UNITY

クリックした位置にオブジェクトを傾ける

クリックした位置に対して、オブジェクトの先端が向くようにスクリプトを作ってみましょう。

マウスクリックの座標に向かって、棒状のオブジェクトが傾きます。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
【Unity C#】回転軸を変えてオブジェクトを回す
【Unity C#】マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
【Unity C#】クリックした空間にオブジェクトを置く

クリックした位置にSphereを移動

まずはクリックされた位置に、Sphereを移動させる仕組みをつくります。

Sphereを作成します。

MousePoint.csを作成し、Sphereに追加します。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

クリックした位置に、Sphereが移動していきます。

クリック位置に棒を傾けるスクリプト

続いて、棒状のオブジェクトを作成します。

Cubeを作成し、サイズを変更します。

Cubeに色をつけます。

空のオブジェクを作成します。

GameObjectの位置、回転を変更します。

GameObjectに、Cubeを入れます。

StickRotate.csを作成し、GameObjectに追加します。

ターゲットのフィールドに、Sphereを入れます。

最後に、Sphereを透明にします。

マテリアルを新規作成し、、名前をToumeiにします。

Rendering ModeをFadeに変更し、Aの値を0にします。

Toumeiを、Sphereに追加します。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

クリックした方向に向かって、オブジェクトが回転していきます。

バットコントロールが必要なゲーム等で活用できそうな仕組みです。

関連記事:
【Unity C#】オブジェクトの先端をマウスカーソルに向ける
【Unity C#】回転軸を変えてオブジェクトを回す
【Unity C#】マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
【Unity C#】クリックした空間にオブジェクトを置く