Unity事例ノート

UNITY

百の単位でランダム数値を取得

百単位や十単位で、ランダムの数値を取得できるようにしましょう。

今回は、ボールに加える力を、百単位のランダムで変化させてみます。

velocityに入れる数値など、大きく変化させたい場合に用いましょう。





百単位の乱数を導き出す

動きをわかりやすくするため、平面オブジェクトを作成し、座標とサイズを変更します。

Sphereを作成して、リジッドボディを追加。

マテリアルカラーをつけてわかりやすくします。

ゲームビューではこのように見えてみます。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは消しておきましょう。

空のオブジェクトを作成。

BallShot.csを作成して、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

発射されるたびに、百単位のランダムで力が加わり、毎回ボールのスピードが変わっていきます。