Unity事例ノート

UNITY

3つのポジションから順番にPrefab生成

指定した複数のポイントから、順番にPrefabを生成するように、スクリプトを作成してみましょう。

3つの座標から、Sphereオブジェクトが1秒おきに順番に出現していきます。

関連記事:
1秒おきに座標をランダムにして落下
前方からボールがランダムで向かってくる
前後左右へ順番にボール発射
音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作
複数ポイントがランダムで選択される
Instantiateでオブジェクトの角度を変える

複数の座標から順にオブジェクト出現

空のオブジェクトを作成し、名前をPosition1に変更。

座標を以下のように変更します。

Position1を複製して、Position2~3を作成。

それぞれの座標を以下のように変更します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データを削除しておきます。

空のオブジェクトを作成。

BallScript.csを作成し、GameObjectに追加します。

BallScript.csを記述します。

サイズのフィールドが3になっていることを確認します。

要素0~2の中に、Positoion1~3を入れます。

Sphereのプレハブを、スフィアのフィールドに入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

1秒おきに、3つのポジションから順番にボールが落ちてきます。

関連記事:
1秒おきに座標をランダムにして落下
前方からボールがランダムで向かってくる
前後左右へ順番にボール発射
音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作
複数ポイントがランダムで選択される
Instantiateでオブジェクトの角度を変える