Unity事例ノート

UNITY

ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める

ボタンを押している間だけ、プレハブ生成の時間を短縮できるように、スクリプトを作成してみましょう。

マウスの左ボタンを長押しているときだけ、ボールの連射スピードが速まります。

関連記事:
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
ボタンを押している間だけ転がりをストップ
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
時間が経つほど間隔を短くする

クリック長押しで連射スピードアップ

Sphereを作成して、リジッドボディを追加。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データを削除しておきましょう。

空のオブジェクトを作成。

BallDrop.csを作成し、GameObjectに追加します。

BallDrop.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

1秒おきにボールが現れますが、マウスを長押しすれば、0.3秒おきに出現します。

関連記事:
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
ボタンを押している間だけ転がりをストップ
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
時間が経つほど間隔を短くする