Unity事例ノート

UNITY

落下したプレハブを削除するしくみ

Prefabの生成はゲーム制作には欠かせませんが、放っておくとどんどん貯まってしまいます。

当然、負荷もかかってしまうので、生成したPrefabを削除するしくみはぜひ作っておきましょう。

ボールが落下して、あるところまで落ちると消えます。

関連記事:【Unity C#】発射したPrefabを削除する

ボールの生成

まずは、クリックするとボールが生成されるようにしましょう。

Sphereオブジェクトを作成し、カラーをつけました。

リジッドボディをつけます。

Sphereをプレハブ化します。

Sphereの元データは消しておきましょう。

クリックでボールを生成できるようにします。

空のオブジェクトを作成します。

BallDrop.csを作成して、GameObject(空のオブジェクト)に追加しましょう。

BallDrop.csを書きます。

GameObjectにBallフィールドが出来ているので、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイして、ボールの生成を確認しましょう。

クリックしてSphereが生成されるものの、プレハブがどんどん貯まっていきます。

落下地点でプレハブを削除する

Sphereが削除されるようにスクリプトを作成しましょう。

Sphereのプレハブデータを選びます。

コンポーネントを追加 > 新しいスクリプト > BallDelete.csを作成して追加。

BallDelete.csを書きましょう。

ゲームプレイしてみましょう。

Sphereが落下して、Yが-10に到達すると削除されます。

関連記事:【Unity C#】発射したPrefabを削除する