Unity事例ノート

UNITY

一定の距離に達したところで削除する

発射したボールが、一定の距離まで飛べば、削除される仕組みをつくってみましょう。

クリックでボールが飛んで行って、発射元から20離れたところで、消えます。

関連記事:
【Unity C#】発射したボールの飛距離を算出する
【Unity C#】一定距離から外れたら実行する
【Unity C#】オブジェクト間の距離を取得する

ボールのPrefabデータ作成

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallDelete.csを作成し、Sphereに追加します。

BallDelete.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブに変換します。

Sphereの元データは削除します。

発射元の作成

空のオブジェクトを作成します。

BallShot.csを作成して、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイして、ボールを発射してみましょう。

クリックしてボール発射。

発射元からの距離が20に達したところで、ボールが削除されます。

関連記事:
【Unity C#】発射したボールの飛距離を算出する
【Unity C#】一定距離から外れたら実行する
【Unity C#】オブジェクト間の距離を取得する