Unity事例ノート

UNITY

指定の座標まで落下すればPrefabを削除

オブジェクトがある場所まで落ちれば、削除される仕組みをつくりましょう。

Sphereのプレハブを1秒おきに生成。

指定した座標まで落下すると、オブジェクトが消えます。

関連記事:
落下スピードをランダムにする
1秒おきに座標をランダムにして落下
範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
抵抗(Drag)にアクセスして落下スピードを抑える

Sphereのプレハブを作成

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallDelete.csを作成し、Sphereに追加します。

Sphereをブロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブデータに変えます。

Sphereの元データを削除しておきます。

ある位置まで落ちると消える

空のオブジェクトを作成します。

DropBall.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

DropBall.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

1秒おきにプレハブが生成され、Y座標-3まで落下したところで削除されます。

関連記事:
落下スピードをランダムにする
1秒おきに座標をランダムにして落下
範囲内に入ればオブジェクトを落下させる
マウスカーソルについてくるオブジェクトを落下
抵抗(Drag)にアクセスして落下スピードを抑える