Unity事例ノート

UNITY

かんたんなパスワード機能を実装する

入力フィールド(InputField)を使えば、ゲーム画面で入力をすることができます。

かんたんなパスワード機能を実装しましょう。

InputFieldに「1234」と入力してEnterキーを押すと、Cubeが消える仕組みをつくってみます。

関連記事:
パスワード付きドアの作成
入力テキストを順番に配列に入れる
オブジェクトをクリックすると入力フィールド表示

InputFieldを使った入力エリア

まずはパスワードによって非表示にしたいオブジェクトを作成しましょう。

ここではCubeを作成しました。

続いて、UIから入力フィールドを作成します。

InputFieldを、Cubeの下に配置します。

ゲームビューではこのように見えています。

空のオブジェクトを作成します。

Password.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

Password.csを記述します。

UIを扱うため、4行目 using UnityEngine.UI; を忘れずに書いておきましょう。

続いて、InputFieldオブジェクトの設定を、以下の手順で行います。

void InputText()を、入力フィールド側から実行できるようにします。

ゲームプレイして、正解のパスワード1234を入力し、Enterキーを押してみましょう。

Cubeが非表示になれば、OKです。

試しに、間違ったパスワードも入力して、表示を確認しておきましょう。

InputFieldに入れた情報を取得し、正解の文字と比較するしくみを作っています。

関連記事:
パスワード付きドアの作成
入力テキストを順番に配列に入れる
オブジェクトをクリックすると入力フィールド表示