Unity事例ノート

UNITY

2点間の往復運動をくり返す

指定した2つの地点間で、往復運動できるように、スクリプトを作成してみましょう。

自由に地点を指定できるため、斜めの動きも可能になります。

AとB、2つの位置にオブジェクトを置いて、この2点間の距離を往復移動します。

関連記事:
オブジェクトの往復運動をつくる
片方だけの伸縮をくり返す
キャラクターを行ったり来たりさせる
右回転と左回転をくり返す
移動してn秒間ストップをくり返す
クリックで動きを中断・再開する
行き帰りできるムービングウォーク
3地点で方向転換しながら移動し続ける

往復ループの地点となるオブジェクト

AB間の地点として、空のオブジェクトを2つ作成します。

名前を、PointA、PointBとしました。

それぞれの位置を離して、わかりやすいようにアイコンを設定。

スフィアコライダーを追加し、トリガーにするにチェックを入れ、半径を0.1にします。

PointAはこのように設定しました。

PointBはこのように設定しました。

移動体として、オブジェクトを作成しましょう。

Cubeを作成し、リジッドボディを追加。

Is Kinematicにチェックを入れます。

シーンビューを斜めから確認すると、このように見えています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

PointA、PointBそれぞれのフィールドに、地点となるオブジェクトを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

AとB、2つの地点間で、往復移動を続けます。

PointA、PointBの座標を動かすことで、かんたんに地点を変更することができます。

関連記事:
オブジェクトの往復運動をつくる
片方だけの伸縮をくり返す
キャラクターを行ったり来たりさせる
右回転と左回転をくり返す
移動してn秒間ストップをくり返す
クリックで動きを中断・再開する
行き帰りできるムービングウォーク
3地点で方向転換しながら移動し続ける