Unity事例ノート

UNITY

クリックしたところにPrefabを生成する

クリックしたところに、プレハブを出現させる仕組みをつくってみましょう。

ScreenToWorldPointを使って、スクリーン座標をワールド座標に変換。

左クリックした位置に、Sphereのプレハブを生成します。

関連記事:
クリックした空間にオブジェクトを置く
AddForceでボールを前へ動かす
クリックした場所からボールを発射する
クリックした位置にオブジェクトを生成(Ray)
定位置からボールを発射させるしくみ
連射防止のしくみ
ターゲットに向かってボールをぶつける
ボールの色を次々と変化させる
Instantiateでオブジェクトの角度を変える

ScreenToWorldPointでワールド座標に変換

まずはプレハブを準備しましょう。

Sphereオブジェクトを作成して、カラーをつけました。

Sphereをプレハブ化します。

Sphereの元データは削除しましょう。

続いて、クリックした位置にプレハブ生成できるスクリプトをつくります。

空のオブジェクトを作成します。

ClickSphere.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加しましょう。

ClickSphere.csを記述します。

プレハブのフィールドができているので、ここにSphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

MainCameraのScreenToWorldPoint()を使って、ワールド座標に変換。

マウスクリックした位置を検出して、Prefabを出現させています。

関連記事:
クリックした空間にオブジェクトを置く
AddForceでボールを前へ動かす
クリックした場所からボールを発射する
クリックした位置にオブジェクトを生成(Ray)
定位置からボールを発射させるしくみ
連射防止のしくみ
ターゲットに向かってボールをぶつける
ボールの色を次々と変化させる
Instantiateでオブジェクトの角度を変える