Unity事例ノート

UNITY

Instantiateでオブジェクトの角度を変える

Instantiateを使ってクローンを生成する際に、オブジェクトの角度を変えられるようにしましょう。

今回の例では、クリックするとCubeが出現。

オブジェクトが出現するたびに45度ずつ角度が変わります。

関連記事:
プレハブ出現のたびに角度をランダムで変化
弾幕のように全方向へ発射するしくみ
全方位に向けてランダム発射
n秒おきに回転しながら前方へ発射
Prefabの座標をランダムにして生成
複数ポイントからランダムでPrefab生成
3つのポジションから順番にPrefab生成
クリックしたところにPrefabを生成する
一度に複数のオブジェクトを発射

クローン生成のたびに角度を変更

Cubeを作成します。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Cubeをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefab化します。

Cubeの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

CubeManager.csを作成して、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

CubeManager.csを記述します。

キューブのフィールドに、Cubeのプレハブを入れます。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

Cubeが45°ずつ角度を変えて生成されます。

関連記事:
プレハブ出現のたびに角度をランダムで変化
弾幕のように全方向へ発射するしくみ
全方位に向けてランダム発射
n秒おきに回転しながら前方へ発射
Prefabの座標をランダムにして生成
複数ポイントからランダムでPrefab生成
3つのポジションから順番にPrefab生成
クリックしたところにPrefabを生成する
一度に複数のオブジェクトを発射