Unity事例ノート

UNITY

ドラッグした方向へ飛ばす

ドラッグした方向へ飛ぶように、ボール発射できる仕組みを作ってみましょう。

ドラッグすると、マウスをなぞった方へ向かって、Sphereが飛んでいきます。

関連記事:
【Unity C#】360°全方位に向けて発射
【Unity C#】定位置からボールを発射させるしくみ





マウスをなぞった方向へ発射

空のオブジェクトを作成します。

MousePosition.csを作成し、GameObjectに追加します。

MousePosition.csを記述します。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加。

UseGravityのチェックを外します。

BallMove.csを作成し、Sphereに追加します。

BallMove.csを記述します。

Sphereをヒエラルキーにドラッグ&ドロップし、Prefab化します。

Sphereの元データは消しておきます。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

マウスをドラッグすると、なぞった方向にむけてボールが飛んでいきます。

マウスボタンを押したときと離したとき、それぞれのワールド座標を取得。

押した場所にボールを生成し、離した場所に向かって飛んでいきます。

関連記事:
【Unity C#】360°全方位に向けて発射
【Unity C#】定位置からボールを発射させるしくみ