Unity事例ノート

UNITY

条件によってPrefabのサイズを変える

Prefab出現のタイミングで、条件によってサイズを変化させてみます。

クリックするたびに、Sphereのプレハブが3段階で大きくなり、また元の大きさに戻ります。

関連記事:スライダーでPrefabのサイズを変える

Prefabサイズを変えるスクリプト

まずは、Prefabを作成するところから、始めます。

Sphereオブジェクトを作成します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefabデータに変換します。

Sphereの元データは削除します。

続いて、空のオブジェクトを作ります。

ClickSphere.csを作成して、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ClickSphere.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

プレイして、ゲームビューをクリックしてみましょう。

クリックするたびに大きさが変わり、3回変われば、元の大きさに戻ります。

生成されたprefabデータをobjに格納し、条件によってサイズ変更させています。

関連記事:
スライダーでPrefabのサイズを変える