Unity事例ノート

UNITY

エフェクト再生後に次のエフェクト発生

エフェクトの再生が終了した後に、次のエフェクトが発生する仕組みを、スクリプトで作成しましょう。 今回の例では、1つ目のエフェクトが2秒間出現した後に、次のエフェクトが1秒間発生します。 関連記事: エフェクト発生の後に …続きを読む

Time.deltaTimeを整数で表示

Time.deltaTimeでつくるタイマー表示を、整数のみで表示させてみましょう。 今回の例では、カウントアップタイマーを整数でコンソールに表示します。 [sc name="af_top" ][/sc] Time …続きを読む

リストの要素0のPrefab名を参照する

リストの中で、要素0にあるPrefabの名前を参照できるようにしましょう。 今回の例では、クリックでリスト内のオブジェクトを削除し、要素0の名前がSphereの際に、コンソールに名前が表示されるようにします。 [sc n …続きを読む

リスト内のPrefabを表示

リストに格納したプレハブを、先頭のものから順に、ゲーム画面に表示できるようにします。 今回の例では、リストに入っているPrefabが出てきて、クリックするたびに、一番上のPrefabが表示されていきます。 関連記 …続きを読む

マウスカーソルを中央に固定する

ゲーム画面上で、マウスカーソルが中央に固定されるように、スクリプトで制御してみましょう。 今回の例では、スタートするとカーソルが中央固定になって非表示に。 Spaceキーを押すと、固定が解除されて、カーソルが表示されます。 …続きを読む

マウスカーソルに触れるとオブジェクト削除

マウスの左ボタンを押したまま動かし、オブジェクトに乗れば消せるように、スクリプトを作成しましょう。 今回の例ではShereをいくつか用意し、押しっぱなしのカーソルに触れると削除するようにします。 [sc name="af …続きを読む

自機狙いに誤差をつける

敵から飛んでくる弾が、プレーヤーの位置を正確に捉えるのではなく、誤差をつけて命中率を下げるしくみを作成しましょう。 自機(プレーヤー)に向けて1秒おきに発射されるSphere。 ランダムで少しポイントがずれています。 …続きを読む

キー操作でPrefabのタグを付け替え

キー操作によって、生成するPrefabのタグを付け替えできるように、スクリプトを作成しましょう。 今回の例では、1~3の数字キーを押してからPrefabを出すと、Ball1~3でタグが付きます。 [sc name="af …続きを読む

Prefabに順にタグをつける

生成したPrefabに対して、順にタグを付けられるように、スクリプトを作成しましょう。 今回の例では、出現したプレハブに、Ball1~3のタグを順繰りで付けていきます。 [sc name="af_top" ][/sc] …続きを読む

1 2 3 4 68
無料体験授業のお申し込み

SCHOOL教室案内