Unity事例ノート

UNITY

コンソールにDebug.Logが表示されない場合の留意点

Debug.Log()がコンソールに表示しない、よくあるケースについて見ていきましょう。

今回の例では、Cubeを動かしてSphereに触れたら、コンソールに「ぶつかった!」と出てくるようにします。

Sphereにタグをつけて、当たり判定をつくっています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加して動かしています。

1.ログを非表示にしている

コンソールウィンドウに、ログの表示を切り替える箇所があります。

何気なく押してしまっていることもよくありますので、まずはここを確認しましょう。

2.触れられる側の「トリガーにする」チェック忘れ

ぶつかられる側(Sphere)に、「トリガーにする」のチェックを忘れがないかどうか、確認します。

3.触れる側にリジッドボディがない

ぶつかる側(Cube)に、リジッドボディが追加されているか、確認します。

4.タグ名の不一致

ぶつかられる側(Sphere)のタグの名前と、スクリプトで記述したタグの名前が、完全に一致しているか、確認します。

まずは以上のような項目をチェックして、デバッグログが表示されない原因を探ってみましょう。