Unity事例ノート

UNITY

触れるとn秒間だけ停止してテキスト表示

オブジェクトに触れると一定時間だけプレーヤーの動きが止まり、テキスト表示させる仕組みをつくりましょう。

プレーヤーがSphereに触れると、2秒間うごけなくなって、「ぶつかった!」の文字が出てくるようにします。

関連記事:
コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
タイムアップでテキストを表示
ぶつかればn秒間ストップ

プレーヤーの動きを止めてテキスト表示

CubeとSphereを作成し、少しだけ距離を離します。

Cubeにリジッドボディを追加し、Use Gravityのチェックを外します。

テキストを作成し、設定を以下のようにしました。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

メッセージのフィールドに、Textを入れます。

ゲームプレイして、Sphereにぶつかってみましょう。

2秒間だけ身動きがとれなくなり、その間「ぶつかった!」のテキストが表示されます。

関連記事:
コルーチンを使って1秒後にテキストを消す
タイムアップでテキストを表示
ぶつかればn秒間ストップ