Unity事例ノート

UNITY

2点間の中心を取得して移動する

2つのオブジェクトの中間地点を割り出し、そこへ移動するしくみを作ってみましょう。

Cube(プレーヤー)を動かします。

CubeとCylinderの中間点に、Sphereが移動し続けます。

関連記事:【Unity C#】2点間にカメラを向けて全体表示

Cube(プレーヤー)の移動

Cube、Cylinder、Sphereを作成します。

Spereに色をつけ、配置を変えます。

まずはCubeを動かせるようにしましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

十字キー操作で、Cubeを動かすことができるようになります。

2つのオブジェクトの中間を取得

SpherePos.csを作成し、Sphereに追加します。

SpherePos.csを記述します。

キューブ、シリンダーのフィールドが出来ていますので、ここにそれぞれ、CubeとCylinderを入れます。

プレイして、Cubeを動かしてみましょう。

2つのオブジェクトの距離を2で割り、中心点を算出。

Sphereは、CubeとCylinderの中心に移動し続けます。

関連記事:【Unity C#】2点間にカメラを向けて全体表示