Unity事例ノート

UNITY

他のオブジェクトのScaleを取得してサイズ変更

あるオブジェクトのScaleを変更すれば、それに合わせて、もう一方のオブジェクトサイズが変わるようにしましょう。

十字キーでCubeのスケールを変えれば、Sphereのサイズも変化していきます。

CubeのScaleを変数として取得して、その値をSphereのサイズに適用しています。

関連記事:
ぶつかったオブジェクトと同じサイズにする
他のスクリプトの変数を取得する
他のスクリプトの関数を実行する方法
他のマテリアルを変数として取得する
他のオブジェクトの回転を変数として取得
キー操作でオブジェクトのサイズを変える
Resources.Loadを使ったファイル指定

Cubeの拡大縮小(アクセスされる側)

Cubeを作成します。

CubeScale.csを作成し、Cubeに追加します。

Scaleの変数を取得(アクセスする側)

Sphereから、Cubeの変数へアクセスします。

Sphereを作成し、Cubeと横並びにします。

ゲームビューではこのように配置しました。

SphereScale.csを作成し、Sphereに追加します。

プレイしてみましょう。

十字キーの上を押せば、Cubeが拡大し、それに合わせてSphereも拡大。

下を押せば、Cubeが縮小し、合わせてSphereも縮小。

CubeScaleのスクリプト内にある変数scaleを取得し、Sphereのサイズにも適用させています。

関連記事:
ぶつかったオブジェクトと同じサイズにする
他のスクリプトの変数を取得する
他のスクリプトの関数を実行する方法
他のマテリアルを変数として取得する
他のオブジェクトの回転を変数として取得
キー操作でオブジェクトのサイズを変える
Resources.Loadを使ったファイル指定