Unity事例ノート

UNITY

Sliderを使ったサイズ変更

UIオブジェクトのスライダーを使い、オブジェクトのサイズを調整してみましょう。

Sliderでは、最小値と最大値の間を移動させて、値を取得することができます。

関連記事:
【Unity C#】スライダーでPrefabのサイズを変える
【Unity C#】条件によってPrefabのサイズを変える
【Unity C#】ボタンによる5段階の拡大縮小
【Unity C#】キー操作でオブジェクトのサイズを変える





Slideの用意

UIからSliderを作成します。

Sliderを中央下に配置しました。

インスペクターのSliderで、最小値(MinValue)と最大値(MaxValue)を設定できます。

ここでは、MinValueを1に、MaxValueを2にしました。

これで等倍から2倍の大きさまで拡縮させることができます。

続いて、Cubeを作成しましょう。

マテリアルカラーをつけて、サイズや位置はそのままにしています。

ゲームビューを見てみると、SliderとCubeはこのように配置されています。

Slideの値を取得するスクリプト

空のオブジェクトを作成します。

CubeScale.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加しましょう。

CubeScale.csを記述します。

UIを扱う場合、using UnityEngine.UI; を忘れずに記述しましょう。

Sliderのインスペクターを、以下のような手順で設定します。

① +マークをクリック
② GameObjectをドラッグ&ドロップ
③ CubeScale > ScaleAdjust() を選択

Sliderから、CubeScale.csのScaleAdjustメソッドを呼び出します。

ゲームプレイして、動きをみましょう。

最大2倍の大きさまで、拡大調整できています。

関連記事:
【Unity C#】スライダーでPrefabのサイズを変える
【Unity C#】条件によってPrefabのサイズを変える
【Unity C#】ボタンによる5段階の拡大縮小
【Unity C#】キー操作でオブジェクトのサイズを変える