Unity事例ノート

UNITY

触れたらひっつくオブジェクト

ぶつかれば、くっつくオブジェクトを作ってみましょう。

Sphereに触れたタイミングで、親子関係が作られて、Cubeにくっついて動きます。

関連記事:
【Unity C#】Hingi Jointを使った振り子の動き
【Unity C#】取ったオブジェクトを前で持ち続ける

プレーヤー操作

まずはプレーヤー操作の仕組みを作りましょう。

平面とCubeを作成し、CubeのY座標を0.5にします。

わかりやすいように色をつけます。

リジッドボディを追加します。

PlayerMove.csを作成し、Cubeに追加します。

くっついてくるSphereの作成

Sphereを作成します。

Y座標を0.5にして、X座標とZ座標を触って、Cubeから少し距離をとります。

わかりやすいように色をつけました。

TouchObject.csを作成し、Sphereに追加します。

ゲームオブジェクトのフィールドに、Cubeを入れます。

ゲームプレイして、十字キーでCubeを操作しましょう。

Sphereにぶつかれば、親子関係が作られて、Cubeにひっついて動いていきます。

関連記事:
【Unity C#】Hingi Jointを使った振り子の動き
【Unity C#】取ったオブジェクトを前で持ち続ける