Unity事例ノート

UNITY

着地していればジャンプ可能(Collider)

着地している時だけジャンプできる仕組みをつくってみましょう。

地面に触れている状態で、クリックすればCubeがジャンプできますが、いくら空中でクリックしてもジャンプはできません。

関連記事:
着地していればジャンプ可能(Raycast)
オブジェクトに触れていれば動く
キャラクターをジャンプさせるしくみ
オブジェクトから離れるとイベント発生
クリックした方向へジャンプする
ジャンプした距離を表示する
ジャンプで壁に触れると引っ付く
シフトキーでジャンプの高さを2倍にする

接地している時だけ実行可能

平面とCubeを作成します。

CubeのY座標を0.5にして、リジッドボディを追加します。

Cubeにわかりやすい色をつけます。

シーンビューではこのように配置されています。

CubeUp.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイして、クリックしてみましょう。

着地状態でジャンプしますが、空中状態でクリックしても、それ以上ジャンプはできません。

関連記事:
着地していればジャンプ可能(Raycast)
オブジェクトに触れていれば動く
キャラクターをジャンプさせるしくみ
オブジェクトから離れるとイベント発生
クリックした方向へジャンプする
ジャンプした距離を表示する
ジャンプで壁に触れると引っ付く
シフトキーでジャンプの高さを2倍にする