Unity事例ノート

UNITY

発射の弾数を制限する

発射するミサイルの弾数を制限できるように、スクリプトを作成してみましょう。

左クリックでSphereを発射しますが、5発で打てなくなります。

右クリックすれば、弾数制限が解除されて、再び発射できるようになります。

発射する数の制限と解除

Sphereを作成してリジッドボディを追加します。

プロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成。

ShotCount.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ShotCount.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしましょう。

左クリックを押して発射しますが、5発打てば、それ以上は発射できません。

右クリックを押せば、5発の弾数制限が解除され、再び発射できるようになります。