Unity事例ノート

UNITY

取れば次のオブジェクトが出現する

一つのオブジェクトを取れば、次のオブジェクトが出現するように、スクリプトを作成してみましょう。

今回の例では、3つのSphereがあり、一つを取れば消えて、次のSphereが出てくるようになります。

関連記事:
2つのオブジェクトを順繰りで動かす
複数のマテリアルをスクリプトで切り替え
指定した座標(目的地点)へ行く
触れると他の位置へワープする
消えれば次のPrefabが発射可能

触れると次のオブジェクトを表示

Cubeを作成し、リジッドボディを追加。

Use Gravityのチェックを外します。

Sphereを3つ作成し、それぞれトリガーにするにチェック。

前後左右に配置を変えます。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

MyArrayを開き、要素0~2の中に、3つのSphereを入れます。

ゲームプレイしましょう。

一つのSphereを取れば、また次のSphereが現れます。

関連記事:
2つのオブジェクトを順繰りで動かす
複数のマテリアルをスクリプトで切り替え
指定した座標(目的地点)へ行く
触れると他の位置へワープする
消えれば次のPrefabが発射可能

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内