Unity事例ノート

UNITY

発射したボールをカーブさせる

飛ばしたボールにカーブをかけてみましょう。

あらかじめ右矢印キーを押せば、カーブのフラグがONに。

スペースキーで発射され、近づいてきた手前で、右斜下に落ちていきます。

飛ばしたボールが手前で落ちる

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallCurve.csを作成し、Sphereに追加します。

BallCurve.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

続いて、空のオブジェクトを作成し、位置と回転を変更します。

BallShot.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallShot.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

まずは普通にスペースキーを押せば、ボールがまっすぐ飛んできます。

次に、十字キーの右を押してからスペースキーを押しましょう。

手前でカーブがかかり、斜下に落下していきます。