Unity事例ノート

UNITY

数字をシャッフルする

0~9の数字を、シャッフル(重複なしのランダム抽出)できるように、スクリプトを作成しましょう。

このように、リスト内にシャッフルされた数字が並びます。

コンソールにも、カンマ区切りで表示させます。

関連記事:
シャッフル - 重複せずにランダム抽出
シャッフル - 重複なしでオブジェクトを並べる
重複せずに一つずつランダム出力(シャッフル)

シャッフルした数字を表示する

空のオブジェクトを作成します。

ShuffleScript.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

ShuffleScript.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

シャッフルされた0~9の数字が、useListの中に確認できます。

リストの中の数字は、カンマ区切りで、コンソールにも表示しました。

まずはじめに、myListの中に0~9の数字が入ります。

そのmyListの中からランダムで1つを選び、useListに追加。

重複を防ぐために、選んだ数字のリスト番号を、myListから削除します。

このような手順で、useListの中にシャッフルした数字が並びます。




関連記事:
シャッフル - 重複せずにランダム抽出
シャッフル - 重複なしでオブジェクトを並べる
重複せずに一つずつランダム出力(シャッフル)

SCHOOL教室案内