Unity事例ノート

UNITY

複数地点から順番にPrefabを生成

指定した複数の位置で、順番にPrefabを生成できるように、スクリプトを作りましょう。

あらかじめ決めたポイントの順に、1秒おきにオブジェクトが生成されます。

関連記事:
配列にある複数オブジェクトを一気に出す
配列の中のオブジェクトを選んで置く
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
3つのスポットライトをキー操作で点灯

5箇所のポイントを配置

まずは5つの地点を作成しましょう。

空のオブジェクトを作成します。

名前をPointに変え、わかりやすいようにアイコンを設定。

少し上に配置しました。

Pointをあと4個複製しました。

それぞれ座標を変えて、このように配置しました。

複数ポイントから1秒おきにPrefab出現

Prefabデータを準備します。

Sphereを作り、リジッドボディを追加。

プロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

PutObject.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

PutObject.csを記述します。

MyArrayの要素0~4に、5つのPointを入れます。

プレハブのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

5つの位置から1秒おきに、順にPrefabが生成されます。

配列に入れたPointオブジェクトを、foreachのループで取り出し。

取り出したPointの位置に、Prefabを生成しています。

関連記事:
配列にある複数オブジェクトを一気に出す
配列の中のオブジェクトを選んで置く
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
配列のオブジェクトをn秒おきにすべて出現
3つのスポットライトをキー操作で点灯