Unity事例ノート

UNITY

リストの中で指定した要素を削除

リストに入ったオブジェクトを、要素の番号(インデックス)で指定して、削除できるしくみを作りましょう。

クリックして、オブジェクトをリストに入れます。

0~5の数字キーを押せば、その番号の要素が消えていきます。

関連記事:
【Unity C#】リストの中で最後に追加された要素から削除
【Unity C#】リストを古い要素(先頭)から削除
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除

番号キーに該当する要素を消す

オブジェクトをいくつか作成します。

間隔をあけてオブジェクトを配置します。

空のオブジェクトを作成します。

ListControl.csを作成し、GameObjectに追加します。

ListControl.csを記述します。

今回は、0~5までのキーに対して、それぞれ該当する番号の要素を割り当てました。

RemoveAtを使用し、要素番号を指定して削除します。

ゲームプレイしてみましょう。

まずはクリックして、オブジェクトをリストに追加。

0~5のキーを押せば、要素0~5の該当番号が消えます。

関連記事:
【Unity C#】リストの中で最後に追加された要素から削除
【Unity C#】リストを古い要素(先頭)から削除
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】配列をすべてリストに移す
【Unity C#】触れたオブジェクト(複数)をn秒後に全削除