Unity事例ノート

UNITY

マウス操作によってオブジェクトの色を変える

マウス操作によって、オブジェクトの色を変化させるように、コードを書いてみましょう。

マウスを乗せたときと離したとき、クリックボタンを押したときと離したとき、それぞれでカラーが変化します。

関連記事:【Unity C#】マウスオーバーでボタンの色を変える

マウス操作のスクリプト

Cubeオブジェクトを用意しました。

今回は、カラーの指定について、カラーコードやマテリアルなど使って、いくつか方法を試してみます。

まずはマテリアルを2つ作りましょう。

MyGeenとMyYellwoの2つを作成しました。

このうち、MyYellowについては、RGBAでカラー指定してみます。

MyYellowのRGBA値を控えておきましょう。

ColorChange.csを作成して、Cubeに追加します。

ColorChange.csを記述しましょう。

Cubeを確認すると、MyColorフィールドができています。

ここに、MyGreenのマテリアルを入れます。

プレイして動きを確認しましょう。

マウスカーソルを乗せたときには赤になり、離せば黄色に変化。

クリックボタンを押したら青になり、離せば緑に変わります。

マウス操作による色変化を、カラー名、RGBA、マテリアル、3つのパターンで指定しました。