Unity事例ノート

UNITY

サブカメラの設置して別の視野から撮影

別カメラを使って、違う視野から撮影できれば、ゲームの全体像を掴みやすいです。

ゲームの内容しだいでは、サブカメラを設置して操作性を高めるのもいいのではないでしょうか。

俯瞰カメラを用意する

サブカメラとして、俯瞰で映し出せるようにしてみましょう。

ヒエラルキーからカメラを新規作成します。

名前をSubCameraに変更しました。

インスペクターから、カメラの画面サイズ、視野の調整などを行いましょう。

ビューポートの矩形を調整しましょう。

XYで位置を動かし、WHで画面サイズを調整します。

有効視野も調整しながら、オブジェクト全体が映るようにします。

プレイして映りを確認しましょう。