Unity事例ノート

UNITY

ぶつかるとn秒間スピードアップ

ある物体にぶつかれば、プレーヤーが数秒間、スピードアップできるしくみを作ってみましょう。

スタートのとき、Cubeはゆっくり動きだします。

Sphereにぶつかったタイミングで、3秒間だけスピードが上がり、またもとの速度に戻ります。

関連記事:
3秒おきに速度を上げる
数秒後にオブジェクトを出現させる
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
オブジェクトを0.1秒おきにゆっくり拡大させる
移動してからn秒ストップをくり返す
触れている相手に一定間隔で力を加える

他のオブジェクトに触れると3秒間だけ速度が上がる

Plane、Cube、Sphereを作成し、それぞれのカラーをつけます。

CubeとSphereを地上に出して、少しだけ距離を取ります。

Cubeにリジッドボディを追加します。

Sphereのコライダーにチェックを入れましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述しましょう。

ゲームプレイして、Sphereオブジェクトにぶつかってみましょう。

スピードが上がり、3秒経ってから、また元のスピードに戻ります。

関連記事:
3秒おきに速度を上げる
数秒後にオブジェクトを出現させる
OnCollisionEnterとOnTriggerEnterの違い
オブジェクトを0.1秒おきにゆっくり拡大させる
移動してからn秒ストップをくり返す
触れている相手に一定間隔で力を加える