Unity事例ノート

UNITY

ぶつかれば指定座標に移動するしくみ

オブジェクトに当たったとき、特定の場所にジャンプできるしくみを作ってみましょう。

このように、ターゲットにぶつかれば、別の座標に移動します。

オブジェクトの用意

CubeオブジェクトをGoal、SphereオブジェクトをPlayerと名前変更しました。

床としてPlaneオブジェクトも作成して、少しサイズを伸ばしておきます。

それぞれのオブジェクトには、わかりやすい色をつけています。

Goalに、Goalという名前でタグをつけましょう。

Playerにはリジッドボディを追加しています。

ぶつかれば移動するスクリプト

Playerに、PlayerMove.csを作成して追加します。

特定のオブジェクトに当たれば、他の場所にジャンプするスクリプトを書きます。

スタート時の座標、Goalに触れたときの座標をそれぞれ設定しています。

プレイしてみましょう。