Unity事例ノート

UNITY

リストのオブジェクト名を一行でテキスト表示

触れたオブジェクトをリストの中に入れ、それを一行でテキストに入るしくみを作りましょう。

ぶつかったオブジェクト名を、カンマ区切りで、表示させます。

関連記事:
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
ゴールした順位をテキスト表示
入力テキストを順番に配列に入れる
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
テキストを分割して順に表示
1文字ずつ流れるようにテキスト表示

触れたオブジェクト順にテキスト一行で表示

Cubeを作成。

リジッドボディを追加し、UseGravityのチェックを外します。

わかりやすくするため、マテリアルカラーをつけました。

Sphere、Cylinder、Cupsuleを作成。

「Target」というタグを新規作成し、設定します。

それぞれコライダーで、「トリガーにする」にチェックを入れます。

3つのオブジェクトのX座標、Z座標を動かし、Cubeから離して配置します。

テキストを作成し、サイズや色、位置を変更。

オーバーフローを、OverFlowにします。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

ObjectTextのフィールドに、Textオブジェクトを入れます。

ゲームプレイして、Cubeを操作し、オブジェクトにぶつけてみましょう。

触れた順にオブジェクト名がテキストに入り、カンマ区切りで一行表示されます。

関連記事:
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
ゴールした順位をテキスト表示
入力テキストを順番に配列に入れる
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
テキストを分割して順に表示
1文字ずつ流れるようにテキスト表示