Unity事例ノート

UNITY

指定した要素番号のオブジェクトを置く

指定した要素番号の中にあるオブジェクトを、プレーヤーの前方に置けるように、スクリプトを作ってみましょう。

1、2、3のいずれかのキーを押すと、要素0、1、2のオブジェクトを選択し、目の前に出現させることができます。

関連記事:
【Unity C#】配列の中のオブジェクトを選んで置く
【Unity C#】指定した要素番号にオブジェクトを入れる
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】入力テキストを順番に配列に入れる
【Unity C#】ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
【Unity C#】配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
【Unity C#】クリックしたオブジェクトを順番に配列に入れる
【Unity C#】配列のオブジェクトをキー操作で切り替える
【Unity C#】複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
【Unity C#】取った数だけ設置できる
【Unity C#】複数オブジェクトの出し入れ

キー操作で配列のオブジェクトを選択

Sphere1~3を作成し、マテリアルカラーをつけます。

プロジェクトビューへドラッグ&ドロップし、Prefab化します。

Sphere1~3の元データは削除しておきます。

Cubeを作成し、XYZの座標を0にします。

空のオブジェクトを作成し、Z座標を1にします。

GameObjectをCubeにドラッグ&ドロップし、親子関係をつくります。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

要素0~2にSphere1~3を入れ、PutPositionのフィールドには、GameObjectを入れます。

ゲームプレイして、Cubeを操作してみましょう。

十字キーで移動、1、2、3のキーを押すと、配列内のSphere1~3が選択され、置くことができます。

Instantiateで生成する場所を、GameObjectの位置にしているため、Cubeの目の前に置くことができます。

関連記事:
【Unity C#】配列の中のオブジェクトを選んで置く
【Unity C#】指定した要素番号にオブジェクトを入れる
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
【Unity C#】ぶつかったオブジェクトをリストに追加する
【Unity C#】入力テキストを順番に配列に入れる
【Unity C#】ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
【Unity C#】配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
【Unity C#】クリックしたオブジェクトを順番に配列に入れる
【Unity C#】配列のオブジェクトをキー操作で切り替える
【Unity C#】複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
【Unity C#】取った数だけ設置できる
【Unity C#】複数オブジェクトの出し入れ