Unity事例ノート

UNITY

音が鳴り終われば実行する

オーディオの再生が終われば、実行できる仕組みをつくってみましょう。

今回は、クリックでサウンドが鳴り、その曲が終われば、テキストが表示されるようにします。

オーディオソースのisPlayingを取得すれば、再生中かどうかの判定を取ることができます。

関連記事:
マウスを押してる間だけ音が鳴る
クリックのタイミングで発射音を出す
触れたタイミングで音を鳴らす
オーディオごとにボリュームを変える
サウンド再生のPlayとPlayOneShotの違い
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え

オーディオ再生終了後にテキスト表示

テキスト(TextMeshPro)を作成し、サイズや位置、色を変更します。

ゲームビューではこのように見えています。

テキストのチェックを外し、非表示にしておきます。

空のオブジェクトを作成します。

GameObject(空のオブジェクト)に、オーディオソースを追加。

ゲーム開始時に再生のチェックは外しておきましょう。

オーディオクリップに、音楽ファイルを入れます。

SoundPlay.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

SoundPlay.csを記述します。

GameOverTextのフィールドに、Textオブジェクトを入れます。

ゲームプレイして、動作を確認しましょう。

左クリックすると、オーディオが再生され、鳴り終わるとテキストが表示されます。

audioSource.isPlayingは、再生中ではtrue、停止中はfalseが返されます。

関連記事:
マウスを押してる間だけ音が鳴る
クリックのタイミングで発射音を出す
触れたタイミングで音を鳴らす
オーディオごとにボリュームを変える
サウンド再生のPlayとPlayOneShotの違い
オーディオごとにボリュームを変える
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内