Unity事例ノート

UNITY

オーディオごとにボリュームを変える

2つのオーディオクリップを切り替え、それぞれ異なるボリュームで再生できるように、スクリプトを作ってみましょう。

サウンドフィイルを2つ用意し、オーディオソースから音を切り替えます。

左クリックすれば、0.8のボリュームで再生。

右クリックすれば、0.5のボリュームで別のオーディオが再生されます。

関連記事:
ボリュームを徐々に小さくする
エリアに入れば音量を上げる
2つの音を切り替えて鳴らす
クリックのタイミングで発射音を出す
サウンド再生のPlayとPlayOneShotの違い
音が鳴り終われば実行する
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え
ボタンで複数のサウンドを再生

2つの音をオーディオクリップで切り替え

今回はMainCameraを利用して、オーディオを再生します。

MainCameraにオーディオソースを追加します。

ゲーム開始時に再生のチェックを外しておきましょう。

用意した音楽ファイルをドラッグ&ドロップし、プロジェクトビューに入れましょう。

今回はmp3データを2つ用意しました。

VolumeChange.csを作成し、MainCameraに追加します。

VolumeChange.csを記述します。

SoundA、SoundBのフィールドに、それぞれの音楽データを入れましょう。

ゲームプレイします。

左クリックすれば、0.8のボリュームで、Jump-Soundが再生。

右クリックすれば、0.5のボリュームで、Item-Soundが再生されます。

関連記事:
ボリュームを徐々に小さくする
エリアに入れば音量を上げる
2つの音を切り替えて鳴らす
クリックのタイミングで発射音を出す
サウンド再生のPlayとPlayOneShotの違い
音が鳴り終われば実行する
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え
ボタンで複数のサウンドを再生