Unity事例ノート

UNITY

2つの音を切り替えて鳴らす

条件によって、2つの音を分けて鳴らせる仕組みをつくりましょう。

今回の例では、左クリックと右クリックで、サウンドを切り分けて鳴らしてみます。

オーディオソースを2つ用意することで、サウンドごとに音量などの設定も可能になります。

関連記事:
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え
オーディオごとにボリュームを変える
ボタンで複数のサウンドを再生

条件によってオーディオを切り替える

2つのサウンドデータを準備して、インポートします。

空のオブジェクトを作成します。

SoundPlay.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

SoundPlay.csを記述します。

Source1、Source2にそれぞれ、AudioSourceコンポーネントを入れます。

Clip1、Clip2にそれぞれ、音データを入れます。

今回は2つの音について、ボリュームを別々に設定しました。

ゲームプレイして、左クリックと右クリックを行いましょう。

2つの音が切り替わります。

2曲のボューム設定等が同じでもよい場合、AudioSourceは1つだけでも利用できます。

関連記事:
2つ以上の音楽ファイルをスクリプトから切り替え
オーディオごとにボリュームを変える
ボタンで複数のサウンドを再生