Unity事例ノート

UNITY

マウス長押しで降下させて離せば引き上げる

マウスボタンを長押しすれば、オブジェクトが下のほうへ下降。

マウスボタンを離せば上昇して、もとの位置へ戻るように、スクリプトを作成しましょう。

左クリックを押したままにすれば、Sphereが下に降りていき、クリックボタンを離すと引っ張り上げて、Cubeの位置まで行きます。

関連記事:
マウス長押しで位置をズームアップ
キー長押しでゆっくり数を変化させる
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
ボタン押している間だけ実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
特定の座標で移動を止める
マウスを押している間パワーをためる
指定した座標(目的地点)へ行く

長押しで下へ降ろし、離すと元の場所に戻る

CubeとSphereを作成し、Cubeを少し上のほうに配置します。

ゲームビューではこのように見えています。

Cubeの子オブジェクトとして、空のオブジェクトをつくりましょう。

Cubeを右クリックして、空のオブジェクトを作成。

GameObject(空のオブジェクト)をCubeから-1ずらします。

ここが、Sphereが戻ってくる位置になります。

Sphereを上昇、下降させるためのスクリプトを作成しましょう。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereMove.csを記述します。

ターゲットのフィールドに、GameObjectを入れます。

ゲームプレイして動きを確認しましょう。

左マウスボタンを押しっぱなしにしているとSphereオブジェクトが下に降ります。

ボタンを離すと、Cubeの下につくったGameObjectまで行き、元の位置に戻ります。

関連記事:
マウス長押しで位置をズームアップ
キー長押しでゆっくり数を変化させる
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める
ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
ボタン押している間だけ実行する
Updateを使わずにn秒おきにずっと実行する
Updateの中でn秒おきにずっと実行する
特定の座標で移動を止める
マウスを押している間パワーをためる
指定した座標(目的地点)へ行く

\ Udemyで講座はじめました /

Udemy わかる!Unity C# ゲーム開発講座

SCHOOL教室案内