Unity事例ノート

UNITY

ボタンを押している間だけ転がりをストップ

マウスのボタンを押しているときだけ、ボールの転がりが止まり、離せば転がり出すしくみを作りましょう。

左ボタンを長押ししている間だけストップ。

ボタンを離すと再び転がっていきます。

関連記事:
【Unity C#】ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
【Unity C#】マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
【Unity C#】ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める

転がるオブジェクトを止める

平面を作成し、少し角度を付けます。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

マテリアルを付け、傾斜面の上のほうに配置します。

ゲームビューではこのように配置されています。

SphereScript.csを作成し、Sphereに追加します。

SphereScript.csを記述します。

ゲームプレイしてみましょう。

ボールが転がっていって、マウスの左ボタンを押せばストップ。

離せばまた転がり出します。

関連記事:
【Unity C#】ボタンを押した時間だけ飛距離アップ
【Unity C#】マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
【Unity C#】ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める