Unity事例ノート

UNITY

ボタンを押した時間だけ飛距離アップ

マウスのボタン押している間にずっとパワーが貯まり、離すとボールにパワーを加えます。

この仕組みを利用すれば、ボタンを押している時間によって、飛距離を変えることができます。

関連記事:
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
パワーゲージ(レベルゲージ)をつくる
ドラッグの距離をパワー数値に変換する
ボタンを押している間だけ転がりをストップ
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める

長押し時間によってパワーを変える

Planeを作成して、Z方向の距離を変えます。

Sphereを作成し、リジッドボディを追加。

Y座標を変えて、上のほうへ位置を変えます。

マテリアルをつけて、見た目をわかりやすくします。

ゲームビューではこのように見えています。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Prefabの元データを削除します。

空のオブジェクトを作成。

BallShot.csを作成して、GameObjectに追加します。

BallShot.csを記述します。

プレハブのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

マウスの左ボタンを長押しして、離せばSphereを発射。

ボタンを押している時間が長いほど、飛距離が伸びます。

関連記事:
マウスを押した時間だけオブジェクトを拡大
パワーゲージ(レベルゲージ)をつくる
ドラッグの距離をパワー数値に変換する
ボタンを押している間だけ転がりをストップ
ボタンを押しているときだけ間隔時間を縮める