Unity事例ノート

UNITY

向かってくるオブジェクトをクリックで破壊

前から飛んでくるオブジェクトを、クリックで壊せるように、スクリプトを作成してみましょう。

1秒おきにSphereがこちらに向かって移動してきます。

カーソルを合わせて左クリックすれば、Sphereが削除されます。

関連記事:
指定した5つのポイントからランダム移動
1秒おきに座標をランダムにして落下

ボールに動きをつける

Sphereを作成します。

SphereMove.csを作成し、Sphereに追加します。

このスクリプトで、手前の方向げボールが動きます。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップして、Prefabデータに変換しましょう。

Sphereの元データは削除します。

飛んでくるボールをクリックで消す

次に、ボールが生成されて、クリックで破壊できる仕組みを作りましょう。

空のオブジェクトを作成し、座標を10にします。

ClickDestroy.csを作成し、GameObjectに追加しましょう。

ClickDestroy.csを記述します。

スフィアのフィールドに、Sphereのプレハブデータを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

前からボールが飛んできて、クリックで撃ち落とすことができます。

関連記事:
指定した5つのポイントからランダム移動
1秒おきに座標をランダムにして落下