Unity事例ノート

UNITY

左右にRaycastの接触判定をつくる

Raycastによる当たり判定を、左右に表示させてみましょう。

当たり判定を利用して、左右のオブジェクトを削除します。

右のRaycastに触れるとと右側のオブジェクトが、左のRaycastに触れると左側のオブジェクトが消えます。

関連記事:
向いている方向へRaycastを出す
Raycastによる特定オブジェクトの接触判定
Raycastによる接地判定
斜めに向けたRaycastで衝突判定
オブジェクトに触れていれば動く
ジャンプで壁に触れると引っ付く
Rayの始点をマイナスにする
Rayを当てた状態でキーを押せば削除

左右にRaycastを出して、当たり判定を作成

Cubeと平面を作成します。

CubeのY座標を0.5にして地上に出し、リジッドボディを追加します。

続いて、SphereとCylinderを作成し、地上に出します。

わかりやすくするために、それぞれのオブジェクトに色をつけます。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイして、十字キーで操作しましょう。

Cubeの左右に、Raycastが赤線で表示されているのがわかります。

右側のRaycastがぶつかれば、Sphereを削除できます。

左側のRaycastでは、Cylinderを削除することができます。

関連記事:
向いている方向へRaycastを出す
Raycastによる特定オブジェクトの接触判定
Raycastによる接地判定
斜めに向けたRaycastで衝突判定
オブジェクトに触れていれば動く
ジャンプで壁に触れると引っ付く
Rayの始点をマイナスにする
Rayを当てた状態でキーを押せば削除