Unity事例ノート

UNITY

Rayを使ってマテリアルカラーを取得

Rayにぶつかったオブジェクトのマテリアルカラーを取得できるように、スクリプトを作ってみましょう。

今回の例では、Raycastを下に出し、床面のカラー情報を取得して、ログを表示します。

関連記事:
ぶつかったオブジェクトと同じカラーにする
Raycastの照射に当たれば色が変わる

Raycastに当たったカラーを取得する

まずは床オブジェクトとして、Cubeを2個作成し、サイズを変更します。

適当な値でマテリアルを作り、それぞれに追加します。

横並びに配置します。

新しくCubeを作成し、床の上に置きます。

RayScript.csを作成し、Cubeに追加します。

RayScript.csを記述します。

ゲームプレイして、十字キーで動かしてみましょう。

床のマテリアルカラー情報が、コンソールで確認できています。

関連記事:
ぶつかったオブジェクトと同じカラーにする
Raycastの照射に当たれば色が変わる