Unity事例ノート

UNITY

音ゲーのノーツみたいなオブジェクト動作

指定した5つのポイントを登録し、その順番で発射できる仕組みをつくってみましょう。

あらかじめ出現場所を指定できるため、音ゲーのノーツのような動きをつけることができます。

クリックすれば、オブジェクトが破壊されます。

関連記事:
【Unity C#】向かってくるオブジェクトをクリックで破壊
【Unity C#】1秒おきに座標をランダムにして落下
【Unity C#】指定した5つのポイントからランダム移動





オブジェクトのPrefabを作成

Cubeを作成し、少し平べったくします。

まずはCubeを動かせるように、スクリプトを作成しましょう。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

CubeMove.csを記述します。

Cubeをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Cubeの元データは削除しておきます。

発射ポイントを指定して順番に生成

空のオブジェクトを作成し、名前をPosition1に変更。

X座標を2、Z座標を10に変えます。

Position1を複製して、Position2~5を作成。

それぞれの座標を以下のように変更します。

続いて、Cubeをランダム生成するスクリプトを作成していきます。

新しく、空のオブジェクトを作成。

CubeShot.csを作成し、GameObjectに追加します。

CubeShot.csを記述します。

要素0~4のフィールドに、Position1~5を入れます。

キューブのフィールドに、Cubeのプレハブを入れます。

ゲームプレイしてみましょう。

クリックすると、オブジェクトを破壊できます。

arrayに登録した番号順に、Cubeが発射されています。

プロセカのような音ゲー制作で、出現する場所を制御することができます。

関連記事:
【Unity C#】向かってくるオブジェクトをクリックで破壊
【Unity C#】1秒おきに座標をランダムにして落下
【Unity C#】指定した5つのポイントからランダム移動