Unity事例ノート

UNITY

クリックしたオブジェクトを順番に配列に入れる

クリックした複数のオブジェクトを、順番に配列(Array)の中に入れられる仕組みをつくりましょう。

3つのオブジェクトを用意し、配列の長さ(Length)も3つ作成。

クリックで指定したオブジェクトを順に取得し、要素0~2の中に追加されます。

関連記事:
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
入力テキストを順番に配列に入れる
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
指定した順序でオブジェクトを取る
指定した要素番号にオブジェクトを入れる

複数のオブジェクトを配列に入れる

Cube、Sphere、Cupsuleを作成し、それぞれ横並びに配置します。

空のオブジェクト(GameObject)を作成します。

ClickObject.csを作成し、GameObjectに追加します。

ClickObject.csを記述します。

ゲームプレイして、GameObjectのインスペクタービューを確認しましょう。

オブジェクトをクリックすると、要素0~2の中に入っていきます。

Arrayは0から始まるので、サイズ(配列の長さ)を3で作れば、要素0~2が作成されます。

クリックするたびにcountを1ずつ増やし、要素0から順に入るように、countで条件付けしています。

関連記事:
配列にあるオブジェクトを要素番号で呼び出す
ランダム表示したPrefabを順に配列に入れる
入力テキストを順番に配列に入れる
ぶつかったオブジェクトを順に配列に入れる
複数のオブジェクト名を配列に入れてテキスト表示
FindObjectsOfTypeで指定したクラスを全て取得
指定した順序でオブジェクトを取る
指定した要素番号にオブジェクトを入れる