Unity事例ノート

UNITY

Raycastによる特定オブジェクトの接触判定

Raycastを使って、指定したオブジェクトへの当たり判定をつくってみましょう。

Cubeの右側にRayを出し、壁にぶつかると、コンソールに「Hit」が表示されます。

関連記事:
向いている方向へRaycastを出す
Raycastによる接地判定
左右にRaycastの接触判定をつくる
Rayを当てた状態でキーを押せば削除

Raycastを使って横方向の接触判定

Cubeと平面を作成します。

CubeのY座標を0.5にして、地面の上に配置します。

もう一つCubeを作り、名前をWallに変更。

サイズと位置を変更します。

ゲームビューではこのように配置されています。

CubeMove.csを作成し、Cubeに追加します。

ゲームプレイして、シーンビューを確認してみましょう。

Rayが右方向に向かって、赤色で表示されています。

十字キーで右へ動かし、壁にぶつかりましょう。

コンソールに「Hit」も文字が表示されます。

所定のオブジェクトへの当たり判定は、Physics.Raycastを用います。

Physics.Raycast(Rayの開始位置、Rayの方向、衝突したオブジェクトの情報、Rayの長さ)

今回の例では、rayに、開始位置と方向を入れています。

衝突したオブジェクト(相手)の情報は、out hit。

Rayの長さはrayDistance、今回は1.0の長さになります。

関連記事:
向いている方向へRaycastを出す
Raycastによる接地判定
左右にRaycastの接触判定をつくる
Rayを当てた状態でキーを押せば削除