Unity事例ノート

UNITY

削除したオブジェクト名を表示する

クリックで壊したオブジェクトの名前を、テキスト出力してみましょう。

オブジェクトを順番に壊し、消えたオブジェクトの名前を取得して、表示します。

関連記事:
【Unity C#】3つのオブジェクトを削除すればテキストを表示
【Unity C#】オブジェクト名をカンマ区切りでテキスト表示

Textオブジェクトの作成

まずはテキストを作成しましょう。

Textの位置、大きさ、カラーなどを設定します。

ゲームビューにはこのように配置されています。

テキストフィールドの「New Text」の文字は消しておきましょう。

オブジェクト名を表示するスクリプト

Cube、Sphere、Capsuleの3種類のオブジェクトを作成します。

作成したオブジェクトを横並びに配置します。

続いて、空のオブジェクトを作成しましょう。

ClickDelete.csを作成して、GameObjectに追加します。

ClickDelete.csを記述します。

GameObjectを選択し、ClearTextフィールドに、Textを入れます。

ゲームプレイして、動作を確認しましょう。

オブジェクトを壊すと、その名前がテキストとして表示されます。

Ray(光線)の当たったオブジェクトの名前を取得し、objectNameに格納。

その後、オブジェクトを削除して、objectNameをテキスト出力します。

関連記事:
【Unity C#】3つのオブジェクトを削除すればテキストを表示
【Unity C#】オブジェクト名をカンマ区切りでテキスト表示