Unity事例ノート

UNITY

プレハブ出現のたびに角度をランダムで変化

プレハブを発射する際、出現するたびに回転角が変わるように、スクリプトを作成してみましょう。

1秒おきにSphereのプレハブを飛ばします。

発射されるたびに、ランダムで角度が変わっていきます。

関連記事:
1秒おきにランダムで回転角を変える
発射したオブジェクトを回転させる
全方位に向けてランダム発射
360°全方位に向けて発射
プレーヤーの向いている方向に発射する
弾幕のように全方向へ発射するしくみ
n秒おきに回転しながら前方へ発射
Instantiateでオブジェクトの角度を変える
誤差をつけてあえて命中率を下げる

プレハブの角度を毎回変える

Sphereを作成し、リジッドボディを追加します。

BallMove.csを作成し、Sphereに追加します。

BallMove.csを記述します。

Sphereをプロジェクトビューにドラッグ&ドロップし、プレハブ化します。

Sphereの元データは削除しておきます。

空のオブジェクトを作成します。

BallShot.csを作成し、GameObject(空のオブジェクト)に追加します。

BallShot.csを記述します。

Ballのフィールドに、Sphereを入れます。

ゲームプレイしましょう。

プレハブが生成されるたびに、角度がランダムで変わって発射されます。

関連記事:
1秒おきにランダムで回転角を変える
発射したオブジェクトを回転させる
全方位に向けてランダム発射
360°全方位に向けて発射
プレーヤーの向いている方向に発射する
弾幕のように全方向へ発射するしくみ
n秒おきに回転しながら前方へ発射
Instantiateでオブジェクトの角度を変える
誤差をつけてあえて命中率を下げる