Unity事例ノート

UNITY

少しずれた位置にエフェクト発生

オブジェクトから少しだけ離れたところでエフェクトを発生させてみましょう。

爆発エフェクトを、現在の位置から外して出現させます。

オブジェクトの手前や横など、座標を少しだけずらして発生させたい時に使えるスクリプトです。

関連記事:
条件によってエフェクトのサイズを変える
爆発エフェクトを発生させるしくみ
クリックした位置にパーティクル発生
発生させたパーティクルをn秒後に削除

座標をずらしてエフェクト発生

Cubeを作成します。

SparkEffect.csを作成し、Cubeに追加します。

SparkEffect.csを記述します。

続いて、アセットストアから、エフェクトのパッケージを入れます。

今回は、Cartoon FX Free 無料パッケージを使用させていただきました。

Cartoon FX Free

インポートが終わると、JMO Assets > Cartoon FX の順に開きます。

ここでは、CFX2_SparksHit_B Sphere を使用します。

Cubeを選択し、SparkEffectのフィールドに、エフェクトを入れます。

プレイして、ゲームビューをクリックしてみましょう。

Cubeの斜め下、X:1、Y:-1の位置に、エフェクトが発生します。

関連記事:
条件によってエフェクトのサイズを変える
爆発エフェクトを発生させるしくみ
クリックした位置にパーティクル発生
発生させたパーティクルをn秒後に削除